「夏の暑さを感じてほしいです。そして選手の心の熱さも」。 現地で解説を務める松岡修造が全豪オープンテニスの見どころを語る! 全豪オープンテニス、2020年1/20(月)よりWOWOWで連日生中継!

「夏の暑さを感じてほしいです。そして選手の心の熱さも」。
現地で解説を務める松岡修造が全豪オープンテニスの見どころを語る!
全豪オープンテニス、2020年1/20(月)よりWOWOWで連日生中継!

2020シーズン最初のグランドスラム(四大大会)、 全豪オープンテニスの熱戦の
模様をオーストラリアのメルボルンよりWOWOWは連日生中継でお届けする。
大会を前に日本テニス協会強化副本部長でWOWOWテニス解説者の松岡修造氏が、
2連覇を目指す大坂なおみ、 けがからの完全復活を目指す錦織圭を中心に、
大会の見どころについて語った。

まずは、 松岡氏にとって全豪オープンとはどのような大会なのか、 その印象を聞いてみた。
「全豪オープンは、 その年の最初のグランドスラムです。
以前は有名な選手が欠場することもありましたが、
運営側の努力によって観客がすごく盛り上がる大会になってきました。
今では応援の熱さということで言えば、 グランドスラムでは一番ではないでしょうか。
そして、 ブルーのコートと真夏の暑さ。 映像を通して見ると、
とても前向きな感じがします。 テニスのシーズンが
始まったという熱いメッセージが伝わってきます」と、
全豪オープンはとてもエキサイティングな大会であると松岡氏は語る。

試合のほうだが、 女子シングルスでは何と言っても
一昨年の全米オープンで初のグランドスラムを制し、
さらに昨年1月の全豪オープンも優勝した大坂なおみに大きな注目が集まる。
大坂は、 1月上旬に開催されたブリスベン国際では、 2年連続でベスト4まで勝ち進み、
世界ランキングも1つ上がり、 現在は第3位につけている。 調子は上がっているようだ。
「今の彼女はすごくフレッシュです。
フィットネスもしっかりとしているし、 テニスも安定している。
コーチも代わって、 とてもいいテニスをしていると思います」と言う松岡氏。

「昨年、 世界ランキングのトップになってからは、
メンタル面が付いていかなかったのは確かです。 だからなのか、
1位から落ちてしまいました。 同様に、 ランキングトップになった
後に崩れた選手は多いのですが、 大坂選手は
トップを維持できる能力を持った選手です。
第2のセレナ・ウィリアムズになれる力を持った選手です。
全豪で再び勝つことによって、 再度、 第2のセレナへの道を歩み始めると思います」

 そして、 今回の全豪オープンでは、
やはりこの精神面が大きなポイントになると松岡氏言う。
「これまでの強さは、 彼女の感性がプレーにピタッとハマったときに出てきました。 ですから、
いかにポジティブな感性、 いわゆる“なおみポジティブ感性”を
1回戦からずっと作り上げていくことが
できるかどうかが大きなポイントになると思います」

 一方で、 コーチは代わったものの、 彼女に助言することの重要さも松岡氏は指摘する。
「サービスとかストロークとか、 個々のプレーが良くなってほしいということはありません。
すでにとてもいいプレーをしているので、 いかにそれを組み立てていくのか。
勝ち抜いていくためのカギは、 戦術ということになると思います。
しかし、 それをコーチに言われ、 素直に実行することは大坂選手には
合わないのではないかと考えています。

そうなってしまうと、 彼女の持ち味であるダイナミックさがなくなってしまうのです。
何をしてくるのか分からない怖さというのが彼女の武器です。 ですから、
コーチは戦術を教えることが本当に難しく、 重要になってくると思います」

 ただ、 今は勝たなくてはたなくてはいけないという
プレッシャーから解き放たれ、 チャレンジャーのような
気持ちになっていると松岡氏は語る。

「僕は彼女の力は世界一だと思っています。
自分は世界一のテニスができるという思いは、
ぜひ彼女には常に持っていてほしいですね」。

昨シーズンのグランドスラムは、 全豪は大坂なおみ、
全仏はアシュリー・バーティ(オーストラリア)、
ウィンブルドンはシモナ・ハレプ(ルーマニア)、
そして全米はビアンカ・アンドレスク(カナダ)が制し、 4大会とも優勝者が異なった。
松岡氏は今の女子のテニス界を「誰にでも優勝のチャンスはある状態」と分析している。
現在の世界ランキングの第1位はバーティで、 地元の応援はきっとすさまじいものがあるだろう。
同時に彼女には、 大きなプレッシャーがかかるのも確かだ。
女子シングルのほうは、 誰が優勝してもおかしくない展開が予想される。

一方、 男子シングルスのほうだが、 日本期待の錦織圭は、
手術した肘の状態がまだ万全ではなく、
今大会は欠場することになった。 錦織は、 2018年シーズンのウィンブルドン以降、
昨年のウィンブルドンまで、 グランドスラムでは5大会連続
ベスト8以上進出を果たし調子が安定していただけに、 欠場はなんとも寂しい。
そんな錦織に対する松岡氏の思いを聞いてみた。

「昨シーズンの錦織選手は、 安定感があり、
良く頑張ったと思います。 ただ、 彼は言葉にはしませんが、
全仏後は肘や肩の調子はかなり悪かったように思います。
自分のプレーがずっとできず、 我慢してやってきてこのような
結果を残したのですから、 僕としてはまずはほめてあげたい。
確かに、 僕は彼に対しては厳しいコメントを出してきました。
それは彼がグランドスラムで優勝できる力を持っているから、 あえて厳しく言ったのです」

そして、 今後の錦織に対しても松岡氏は
「復帰したら、 やはりグランドスラムやオリンピックで
優勝するようなテニスをしてほしいです。
それには、 まずはミスを少なくするというのが第一条件です。
大事なときにミスが多いように僕は見ています。
安定的に勝っていくには、 やはりミスを少なくすることが大切だと思います。
しかも攻撃的なテニスをすることが必要です」とアドバイスする。
さらに、 「ケガを治してフレッシュな体になれば、 またいいテニスができる。
あまり焦らずに、 ケガをしっかりと
治して万全の状態で戻ってきてほしい」とエールを送る。

錦織欠場の中での今大会では、 やはりのナダル、 ジョコビッチ、
そしてフェデラーというTOP3のプレーに注目が集まる。

「この3人はみんな年々進化しています。
そして、 より攻撃的なテニスをするようになってきました。
また、 フェデラーなんかは、 体力もどんどん増しているように思います」と、
今大会もTOP3は健在であると松岡氏は語る。

一方で、 アレクサンダー・ズベレフ、 ステファノス・チチパス 、
ドミニク・ティームら若手選手の台頭にも松岡氏は大いに期待していると言う。
「TOP3にはずっと活躍してほしいのですが、
一方で、 20代前半の選手の活躍を期待したいです。
若手の選手がどこまで勝ち進んでいくか、 とても楽しみにしています。
この大会で優勝し、 日本での知名度も上がるような
フレッシュな選手の誕生を待ち望んでいます」

そんな中で、 松岡氏は1人の日本人選手に大いに注目していると言う。
現在世界ランキング71位の西岡良仁だ。 西岡は1月上旬に行われた新設の団体戦、
ATPカップの日本代表になり大活躍を見せた。
特にスペイン戦では、 破れはしたものの、
ナダルと互角に高かった姿は鮮烈だった。

松岡氏は「西岡選手は見ている者を魅了するテニスを持っています。
背が高くはないのに世界に通用するテニスなのです。
巧みなドロップショットやとんでもなく高いロブなど、
実にいろいろなショットを繰り出す。

ストロークの回転も常に変えている、 1球1球に罠をしかけているようなプレーをする。
とにかく、 対戦相手がいやらしいと感じるようなテニスをするのです」と、
西岡のプレーを絶賛している。 そのゲームは、 まるでチェスや将棋、
テレビゲームを見ている感覚だと言う。

「彼のこのプレースタイルは全豪の観客にもきっと受けると思います。
今回、 どこまで勝ち進んでいくか分からないですよ」と、
松岡氏は西岡の大ブレイクを大いに期待している。
他にも、 昨年のウィンブルドンで本戦初出場した内山靖崇、
ベテランの域に入った杉田祐一、 伊藤竜馬といった
日本人選手の活躍にも大いに注目していると松岡氏は言う。

WOWOWでは、 車いすテニスの試合の中継も予定している。
全豪では世界ランキング2位の国枝慎吾と
同ランキング2位の上地結衣の活躍にも期待が集まる。

そんな車いすテニスの見どころと、 両選手の魅力についても松岡氏に聞いてみた。
「車いすテニスは、 勝ち負けとは違う魅力が見られるのです。
勝ったから感動するのではなく、 闘っている姿そのものが人の心をつかむのです。
彼らの試合を見ていると、 諦めないことを教わったりして、
すごいパワーをもらいます。 特に国枝選手は、 最後まで諦めない闘志が本当にすごい。

そして、 自分はできるという信念がまたすごいのです。
上地選手はバックハンドにトップスピンを入れたり、 ネットプレーを
積極的に取り入れたりするなど、 常に新しいことをどんどん吸収して進化しています。
その熱意は本当に素晴らしいです」と、 車いすテニスにも
ぜひ注目してほしいと語る松岡氏。

最後に、 テレビでより全豪オープンを楽しむ方法を聞いてみた。
「まずは全豪では、 (現地の季節は夏なので)夏を感じてほしいですね。
映像から伝わるのは、 まずは暑さです。 天候の暑さ、
そして選手の心の熱さです。 というのも、
2020年は東京オリンピックがあるからです。

代表になるには、 この大会でランキングを1つでも上げる必要があります」
松岡氏自身もオリンピックイヤーになると、
代表に入ることへ向かって意識が大きく変わったと言う。
心の熱さが出てきたことを、 自分でもよく分かったと語る。
「全豪の1勝によって、 出られるかどうか決まるかもしれません。
そんな心が熱い選手の姿にぜひ注目してください。
自国開催の日本選手なら、 その意識は特に強いと思います。
全豪はオリンピックの予選会だと思っている選手は多いはずです」

2020年は東京オリンピックも控えている過酷なシーズン。
今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆
『全豪オープンテニス』
【放送日】1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継[WOWOWプライム]
[WOWOWライブ]※大会第1・2日無料放送

■大会第1・2日はWOWOWテニスサイト・WOWOW公式Youtubeで無料配信!
詳しくは、 WOWOW番組オフィシャルサイト(wowow.co.jp/tennis)へ!
https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/

※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。