田中史朗選手も思わず涙。歴史を変えた2015年大会 「南アフリカvs日本」はハードワークの結実・・・WOWOWで放送!

田中史朗選手も思わず涙。歴史を変えた2015年大会
「南アフリカvs日本」はハードワークの結実・・・WOWOWで放送!

記憶に新しい昨年の日本大会を筆頭に世界中を熱狂、 感動させてきた楕円球の祭典、
ラグビーワールドカップ。 WOWOWでは
「ラグビーワールドカップ™ 感動と興奮の名勝負選!」と題し、
全9大会から試合を厳選してお送りしている。

「~日本代表 激闘の軌跡~」編では日本代表戦の名勝負を、
「~全9大会 決勝の記憶~」編では全9大会の決勝を放送中だ。
 7月19日(日)放送の2015年のイングランド大会「南アフリカvs日本」は、
ラグビーに留まらず全スポーツ史に刻まれるべき歴史的な試合となった。
ワールドカップ通算1勝だった日本代表が優勝候補の南アフリカを撃破し、
開催地にちなんで「ブライトンの奇跡」と呼ばれた
この一戦で先発していたのが、 日本代表の名スクラムハーフ田中史朗選手だ。
 今回は田中選手が活躍したこの試合を自ら解説。
あらためて映像を見返して感じたこと、 解説しながらにじませた涙、
そしてこれからの日本ラグビーへの思いなどをうかがった。

──解説を終えた今、 どのようなことを実感していますか?
「試合を見たのは初めてか2回目ぐらいですが、
あらためてすごいことをやったんだな、 と
心から日本代表という存在を誇りに思いました。
前半は楽しく解説させていただいた一方で、
後半は言葉にならなかったですね。
いろいろなことをお伝えしたかったのですが、
話すことで試合に集中できなくなると申し訳ないので、 集中して見入ってしまいました」

──最後は涙ぐまれてました。
「そうですね。 本当にすごいことだなと。 この感覚は死ぬまで治らないと思います」

──田中選手はこの歴史的一戦のマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。
「選ばれた理由はいまだにわかりません(笑)。 たぶんスーパーラグビーに
出場して名前が世に出ていたからではないかなと思いますけど、
僕以上にリーチ(マイケル)や堀江(翔太)、
トンプソン(ルーク)や小野晃征……。 もう、 全員よかったですね」

──映像で見返したことで新たな発見などはありましたか?
「いろいろなことに気付きました。 どれだけ身体を張っていたかなど、
ひとりひとりの素晴らしさがわかりましたし、
この試合があったからこそ4年後の2019年大会の
ベスト8があったんだなと、 あらためて思いました」

──2015年大会当時の、 特に印象深い思い出はありますか?
「日本人も外国人も関係なく、 本当にファミリーみたいに
仲のいいチームだったことですね。 全員が日本のために体を張っていましたし、
いいプレーをすることや勝つことに喜んでいました。
チームメイトって大事なんだなと再認識しました」

──この南アフリカ戦、 視聴者のみなさんにはどのあたりに注目してほしいですか?
「やはり全員の身体の張りようですね。 みんなが日本のために、
桜のジャージのために身体を張って、 あれだけサイズの
大きい人たちを苦しめたところをぜひ見ていただきたいです」

──この一戦から、 2019年大会にどのような点が引き継がれたと考えていますか?
「やはりハードワークすることです。 チームのために身体を
張りしんどいことに取り組むのは、 この時から受け継がれていると思います。
そこからさらにスマートになった結果がジェイミー・ジャパン
(ジェイミー・ジョセフ現ヘッドコーチ率いる日本代表)だと思います」

──2019年大会準々決勝の南アフリカ戦との違いはどこにあると考えていますか?
「2019年大会の南アフリカは自分たちの強みを徹底し、
たぶん僕たちのことも分析して、 驕ることなく準備してきたと思います。
2015年大会開幕時、 僕らは世界ランキング13位で、
(当時3位の)南アフリカは昨年ほどの対策はしていなかったのでしょう。
日本代表が強豪を本気にさせるチームになったのは本当に素晴らしいことだと思います」

──2019年大会で日本代表がベスト8入りしたことをどのように捉えていますか?
「日本人でもやればできるんだ、 ということを実証できたのではないかと思います。
いろいろな人が僕らの姿を見て、 自分が今チャレンジ
していることに対して『もっとできる』と
モチベーションを上げてもらえればうれしいですね」

──日本代表の躍進によってラグビー自体の注目度が変わりました。
「公園でラグビーボールで遊んでいる子や、 日本代表の
ジャージを着て学校に通う子どもたちを見ると、
本当に素晴らしいことをやったんだなという思いが芽生えてきます。
子どもたちがラグビーと触れ合えば、
その子たちが成長した時にさらに強い日本代表になる
可能性が上がるので、 いろいろな人に
ラグビーの素晴らしさを感じてもらいたいですね」

──世界の強豪国と張り合い続けるために
今後の日本代表に必要なことは何でしょうか?

「今まで以上のハードワークです。 2015年大会も
2019年大会もハードワークして結果を出してきましたので。
それ以上に“考える”ことも大事なので、
ハードワークに加えて“考える”ことが必要になってくると思います。
子どもたちの育成もさらに進める必要があります」

──コロナ禍の影響でラグビーの国内シーズンは途切れてしまいましたが、
ラグビーが再開となった時にはファンに向けてどのような声をかけたいですか?

「まずは2019年大会の応援、 トップリーグ2020シーズンの応援に
『ありがとうございました』とお礼を言いたいです。
これからもラグビーを見て楽しんでいただければうれしいですし、
子どもたちには夢と希望を少しでも持ってもらえれば可能性も
上がっていくと思うので、 これからも日本ラグビーをよろしくお願いします!」

常に日本代表の進化の中心にいた “歴史的証人”は、
自身のこと以上に子ども世代のこと、 すなわち未来の
日本代表に対して強い思いを馳せていた。
日本ラグビーのターニングポイントになった2015年大会の
「南アフリカvs日本」を見て一人でも多く新たなラグビーファン、
あるいは選手を目指す子どもたちが増えれば、 田中史朗選手としても本望だろう。

◆◆◆ 番組情報◆◆◆

★『ラグビーワールドカップ™ 感動と興奮の名勝負選! ~日本代表 激闘の軌跡~』
ラグビーワールドカップ、 あの感動と興奮が再びよみがえる。
1991年大会から2019年大会まで、 日本代表の激闘の軌跡10試合をお届けする。

・2015年大会 南アフリカvs日本 7月19日(日)午前11:50午後0:15[WOWOWライブ]
ゲスト解説: 田中史朗 / 解説: 斉藤祐也 / 実況: 熊谷龍一

・2015年大会 サモアvs日本 7月23日(木・祝)午後0:30[WOWOWライブ]
ゲスト解説: 立川理道 / 解説: 大西将太郎 / 実況: 赤平大

・2019年大会 日本vsロシア 7月23日(木・祝)午後2:30[WOWOWライブ]

・2019年大会 日本vsアイルランド 7月24日(金・祝)午後0:30[WOWOWライブ]

・2019年大会 日本vsスコットランド 7月25日(土)午後0:30[WOWOWライブ]

・2019年大会 日本vs南アフリカ 7月26日(日)午後0:00[WOWOWライブ]

★『ラグビーワールドカップ™ 感動と興奮の名勝負選! ~全9大会 決勝の記憶~』
世界一を目指し、 強豪国同士が激しい戦いを繰り広げた名勝負の数々。
1987年大会から2019年大会まで全9大会の決勝を余すところなくお届けする。

・2003年大会 オーストラリアvsイングランド 7月18日(土)午前10:00[WOWOWライブ]
解説: 斉藤祐也 / 実況: 四家秀治

・2007年大会 イングランドvs南アフリカ 7月23日(木・祝)午前10:30[WOWOWライブ]
解説: 大西将太郎 / 実況: 鈴木健

・2011年大会 フランスvsニュージーランド 7月24日(金・祝)午前10:30[WOWOWライブ]

・2015年大会 ニュージーランドvsオーストラリア 7月25日(土)午前10:30[WOWOWライブ]

・2019年大会 イングランドvs南アフリカ 7月26日(日)午前10:00[WOWOWライブ]

※放送スケジュールなどの詳細はWOWOWラグビーオフィシャルサイトに随時掲載。
https://www.wowow.co.jp/sports/rugby/

※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。