モビルス、セブン銀行の住所変更手続き無人化実証実験に参画 AIチャットボットとRPAを連携、本人確認と住所変更手続きを自動化

モビルス、セブン銀行の住所変更手続き無人化実証実験に参画
AIチャットボットとRPAを連携、本人確認と住所変更手続きを自動化

The Support Tech Companyとしてカスタマーサポート支援のソリューションを
開発・提供するモビルス株式会社は、
株式会社セブン銀行が行うAIチャットボットとRPA連携による
住所変更手続き無人化の実証実験に参画した。

本実証実験は、セブン銀行のWebサイト上(https://www.sevenbank.co.jp/)に
設置しているモビルスのチャットシステム「mobiAgent」と、
UiPath株式会社)のクラウドサービスで提供するRPA(Robotic Process Automation)
プラットフォーム「UiPath Automation Cloud」の管理機能
「クラウド版Orchestrator」を連携し、オペレーターを
介さずすべてチャット上で本人確認から
住所変更手続きまで完了できるようにするものです。

従来の主な住所変更手続き方法は、テレホンセンターでの
オペレーターによる対応と、ダイレクトバンキングのマイページでのオンライン手続きでした。
テレホンセンターでの対応は、オペレーターによる本人確認と住所変更登録作業を行うため、
対応時間はオペレーターで対応している時間帯に制限されていました。

今回、チャットボットとRPAとの連携により、登録業務が自動化され、
テレホンセンターのオペレーター対応時間外であっても24時間住所変更手続きが行えます。
オペレーターによる本人確認も自動化しているため、
顧客は好きなタイミングで気軽に住所変更ができるようになり、
利便性が向上します。また、オペレーターの業務効率化を図ることができます。

今回の実証実験では、操作のしやすさや処理時間、
セキュリティ面等を検証し、その後の本導入を目指します。

■実証実験概要
AIチャットボットとRPAの連携により、セブン銀行のWebサイト
https://www.sevenbank.co.jp/)の
チャットボット上で住所変更手続きを完結させ、顧客の利便性向上と、
オペレーターの業務効率化を図ることを目的とした実証実験です。

・期間
2020年8月17日~2020年9月下旬予定

・関連システム
チャットボット:「mobiAgent(モビエージェント)」(モビルス社)
RPA:「UiPath Automation Cloud」、「UiPath Robots」(UiPath社)

株式会社セブン銀行について
セブン銀行、連結子会社 4 社(FCTI,Inc.、PT.
ABADI TAMBAH MULIA INTERNASIONAL、株式会社バンク・ビジネスファクトリー、
株式会社セブン・ペイメントサービス)及び関連会社 3 社
(株式会社セブン・ペイ、TORANOTEC 株式会社、TORANOTEC 投信投資顧問株式会社)の
計 8 社で構成され、国内外における各事業を推進しています。

国内事業セグメントにおいては、基幹事業である
ATM プラットフォーム事業に加え、決済口座事業を行っています。
また、海外事業セグメントにおいては米国、
インドネシアにて ATM サービスを展開しています。
本 社 : 東京都千代田区丸の内 1-6-1
会社名 : 株式会社セブン銀行
代 表 : 舟竹 泰昭
設立日 : 2001 年 4 月 10 日

事 業 : ATM プラットフォーム事業、決済口座事業、海外事業、ほか
ウェブ : https://www.sevenbank.co.jp/

※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。