2020-2021年はピクサーに注目! 『トイ・ストーリー』公開 25周年 日本初!バズ・ライトイヤーの幻の初期スケッチを公開!

2020-2021年はピクサーに注目! 『トイ・ストーリー』公開 25周年
日本初!バズ・ライトイヤーの幻の初期スケッチを公開!

(C)Disney/Pixar

上画像:アンドリュー・スタントン作
バズの胸部と腕の部分がデザインに表現されているのを見ることができます。
また、 背中のジェットパックも描かれています。

下画像:バド・ラッキー作
バズのユニフォームは数多くの過程を経て現在の形になりました。 彼のヘルメットに
ヒントを与えたのは、 ガラスの球体でできた玄関灯でした。
また、 バズに髪の毛はありませんが、 デザインの開発段階では彼をよりハンサムに、
かっこよく見せるために頭髪を足してみるという試みもなされました。

アンドリュー・スタントン(Andrew Stanton)
脚本家、 監督、 プロデューサー。
1990年にピクサー・アニメーション・スタジオ二人目のアニメーターとして入社、
以来同スタジオの中核的メンバーでクリエイティブを
強力に推進しながら活躍している。

現在は、 クリエイティブのバイスプレジデントとして、
同スタジオの全ての長編作品を管理している。 アカデミー賞(R)を受賞した
『ウォーリー』『ファインディング・ニモ』など多数の作品で
共同脚本および監督を務めてきた。
アニメーション以外にもライブアクションの映画やテレビシリーズも手掛ける。

バド・ラッキー(Bud Luckey)
脚本家、 監督。 1992年、 ピート・ドクターに誘われて
ピクサー・アニメーション・スタジオ入社。 『トイ・ストーリー』の
ウッディなどのキャラクターデザインを始めとして、
同スタジオすべての作品に携わった。

自身の監督短編作品『バウンディン』(2003年)は
アカデミー賞(R)にもノミネートされた。
ピクサー以前にもすでに多数のアニメーション作品を制作。
代表作には「セサミストリート」などがある。

(C)Disney/Pixar
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。