ABEMAが2021年7月の人気番組ランキングを発表
オリジナル恋愛番組『今日、好きになりました。』シリーズの
“霞草編”と“向日葵編”が月間総合視聴ランキングで首位
2位に『メジャーリーグベースボール2021』がランクイン

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、
2021年7月1日(木)から7月31日(土)までに放送、配信された
番組の視聴データをもとにした7月の人気番組ランキングを発表。

01
■7月の「ABEMA」月間総合視聴ランキング

1位と3位に『今日、好きになりました。』シリーズ
2位に、大谷翔平選手の活躍が目覚ましい
『メジャーリーグベースボール2021』がランクイン
「ABEMA」の2021年7月の月間総合視聴ランキングでは、
“運命の恋と青春の修学旅行”をテーマに、
現役高校生たちを追ったABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組
『今日、好きになりました。』(以下、『今日好き』)シリーズの
“霞草編”と“向日葵編”が1位と3位に輝き、6月に引き続きシリーズ
通しての圧倒的な人気をうかがえる結果となりました。

02

また、7月1日(木)より、ヤンキー・スタジアムにて行われている
『メジャーリーグベースボール2021』(以下、MLB)が2位にランクイン。
「ABEMA」では日本人選手が活躍するチームを中心に、
レギュラーシーズン公式戦166試合の生中継や、
試合のハイライト映像を配信しており、
MLBへの関心の高さがわかる結果となっています。
■ニュース視聴ランキングでは、
『ブルーインパルスの曲技飛行 東京上空に五輪マーク』の中継が1位に
最新の情報を様々な切り口で24時間配信している「ABEMA NEWSチャンネル」の
7月1日(木)から7月31日(土)の期間で集計し
たニュース視聴ランキングでは、東京の空に五輪マークが
描かれた航空自衛隊による
ブルーインパルス曲技飛行の中継が1位を獲得しました。

03

つづく2位には、7月3日(土)に発生した
静岡県・熱海市の土石流についての静岡県による会見、
3位には、東京都に新型コロナウイルス対策として発令された
4度目の緊急事態宣言に関する菅総理大臣の会見がランクインするなど、
世間の注目を集めた中継、会見が上位にランクインする結果となりました。 
■7月「ABEMA」コメント数ランキング
「ABEMA」では、Twitterアカウントと連携させてコメントを投稿することで、
視聴者が番組放送中にリアルタイムで様々な感情を発信することができ、
SNSを通してそのメッセージが広く共有・共感されています。
ここでは、コメントの多かった番組のランキングを発表。

04

コメント数ランキングでは、月間総合視聴ランキングでも1位を獲得した
『今日好き』“霞草編”の最終回が堂々の1位に輝き、
予想外な告白の結末に多くのコメントが寄せられました。

また、2位に『第92期 ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第三局 
藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人』がランクイン。
6月にも第二局が2位を獲得するなど、
藤井聡太棋聖による初の最年少「棋聖」タイトル防衛か、
それとも昨年の雪辱を晴らしたい
最強の挑戦者・渡辺明名人による「棋聖」タイトル奪還か、
将棋界が大注目する歴史的対局を多くの視聴者がリアルタイムで見守りました。
■7月「ABEMAプレミアム」人気作品ランキング
 「ABEMA」では、「ABEMA」のプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」に
登録すると、ここでしか見られない限定コンテンツのほか、
話題のドラマやアニメの先行配信、日本独占配信の海外作品など、
いつでもどこでも好きな時に全作品を見放題でお楽しみいただけます。
ここでは、「ABEMAプレミアム」の人気作品ランキングを発表。

05

「ABEMA プレミアム」の人気作品ランキングでは、
若手俳優たちが毎話キスシーンのある恋愛ドラマを繰り広げ
本当の恋に落ちていく様子を追いかける
『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』が首位に輝きました。
また2位には、ファン待望の新章『転生したらスライムだった件 第2期』第2部、
3位には、7月に実写化映画が公開された『東京リベンジャーズ』がランクイン。
ほかにも、『蜘蛛ですが、なにか?』や『魔法科高校の劣等生』、
『呪術廻戦』などのアニメ作品が上位にランクインし、
引き続き根強い人気を博しています。

※本ランキングは、2021年7月1日(木)から7月31日(土)までに
放送、配信された全番組を対象に算出。
※「ABEMA 」は一部の番組は無料で視聴可能で、月額960円(税込)の
プレミアムプラン「ABEMAプレミアム」へのご登録で全ての作品が視聴可能。

(C)AbemaTV,Inc.

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donane
twork. All rights reserved.