【アーヤと魔女】宮崎吾朗が挑むスタジオジブリ約5年ぶりとなる
劇場公開作品にして、初のフル3DCG作品『アーヤと魔女』の
ブルーレイ&DVDが2021年12月1日発売決定!

スタジオジブリ約5年ぶりの新作として今年8月27日(金)より
劇場公開され、 スタジオジブリ初の3DCG作品として宮崎吾朗監督が
手掛けたことで話題を呼んだ『アーヤと魔女』の
ブルーレイ &DVDが12月1日(水)に発売することが決定した。

宮崎吾朗監督としても、 劇場作品では『コクリコ坂から』(2011年)
以来約10年ぶり、 最新作ではテレビシリーズ
「山賊の娘ローニャ」(2014~15年)以来6年ぶりの
制作となる『アーヤと魔女』だが、 はじめに
映像化の企画を発案したのは宮崎駿監督だった。

だが、 次作『君たちはどう生きるか』の
準備に入っていたため自ら手掛けることを断念し、
代わりに白羽の矢が立ったのが、 宮崎吾朗監督だった。
宮崎吾朗監督も原作の面白さに惹かれ、
さらには3DCGに挑戦してみたいという思いが引き継がれ実現に至った。

そんな『アーヤと魔女』の原作は、
“ファンタジーの女王”とも呼ばれ、 スタジオジブリで
映画化された『ハウルの動く城』でも知られる
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ。

彼女が生前に完成させた最後の作品。 映画で主人公アーヤを
演じる平澤宏々路はオーディションによって抜擢。
また、 魔女のベラ・ヤーガに寺島しのぶ、
謎の男・マンドレークに豊川悦司、 黒猫のトーマスに濱田岳と、
日本を代表する名優たちが競演を果たし、
2020年6月にはカンヌ国際映画祭が発表した公式作品
“オフィシャルセレクション2020”の1作にも選出され、
国内外で注目を浴びた作品だ。

ブルーレイ&DVDには、 寺島しのぶ、 豊川悦司、 濱田岳、 平澤宏々路、
シェリナ・ムナフのキャストインタビューの他、
スタッフインタビュー「アーヤと魔女をつくる」も収録。
さらには、 本年6月2日~2022年5月まで開催予定の
三鷹の森ジブリ美術館企画展示「アーヤと魔女展」も収録される予定だ。

Blu-ray&DVD商品情報
『アーヤと魔女』
2021年12月1日(水) Blu-ray&DVD発売
発売元:スタジオジブリ 販売元:ポニーキャニオン
(C) 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

■Blu-ray[1枚組]
商品名:アーヤと魔女 Blu-ray
価格:¥7,480(税込)
品番:PCXE-50999
分数:本編83分+映像特典約88分
本編音声:1.日本語(ステレオ/リニアPCM)
2.日本語(5.1chサラウンド/DTS-HD Master Audio)
3.英語4.フランス語5.スペイン語6.ドイツ語
7.ロシア語8.韓国語
9.北京語
(※全て5.1chサラウンド/ドルビーデジタル)
10.バリアフリー日本語音声ガイド(ステレオ/ドルビーデジタル)
本編字幕:1.日本語2.英語3.フランス語
4.スペイン語5.ドイツ語6.ロシア語
7.フィンランド語8.スウェーデン語
9.韓国語10.中国語(繁体字・北京語)11.バリアフリー日本語字幕

■DVD[2枚組:本編1枚+特典1枚]
商品名:アーヤと魔女 DVD
価格:¥5,170(税込)
品番:PCBE-56469
分数:本編83分+映像特典約171分
音声:日本語(ステレオ/ドルビーデジタル)
日本語(5.1chサラウンド/ドルビーデジタル)/
バリアフリー日本語音声ガイド(ステレオ/ドルビーデジタル)
字幕:日本語/英語/バリアフリー日本語字幕

★Blu-ray特典内容
映像特典
絵コンテ、 アフレコ台本、 予告編集、 キャストインタビュー
(寺島しのぶ、 豊川悦司、 濱田 岳、 平澤宏々路、
シェリナ・ムナフ 合計約16分)、 スタッフインタビュー
「アーヤと魔女をつくる」(約29分)、
三鷹の森ジブリ美術館企画展示「アーヤと魔女展」(約37分)
※Blu-ray映像特典の「絵コンテ」は本編映像との
ピクチャーインピクチャーのため特典映像収録分数に含んでいません。
※収録内容、 仕様等は予告なく変更になる場合があります。

★DVD特典内容
映像特典
絵コンテ、 予告編集、 キャストインタビュー
(寺島しのぶ、 豊川悦司、 濱田 岳、 平澤宏々路、
シェリナ・ムナフ 合計約16分)、 スタッフインタビュー
「アーヤと魔女をつくる」(約29分)、
三鷹の森ジブリ美術館企画展示「アーヤと魔女展」(約37分)

※DVD映像特典の「絵コンテ」はマルチアングルと
なるため特典分数が本編分数分多くなります。
またセルDVD映像特典にアフレコ台本は含まれません。
※仕様、 特典・封入内容や名称は予告なく
変更となる場合がございます。 予めご了承ください。

作品基本情報
ストーリー
「子どもの家」で育った10歳の少女・アーヤは、
なんでも思い通りに、 何不自由なく暮らしていた。
そんなアーヤの前にあらわれたのは、 ベラ・ヤーガと
名乗るド派手な女と、 マンドレークという長身男の怪しげな二人組。
アーヤは、 彼らの家に引き取られることになる。
「わたしは魔女だよ。 あんたをつれてきたのは、 手伝いが欲しかったからだ」
「おばさんが私に魔法を教えてくれるなら、 おばさんの助手になってあげる」
魔法を教えてもらうことを条件に、 ベラ・ヤーガの助手として働き始めるアーヤ。
でも、 こき使われるばかりで、 ひとつも魔法を教えてもらえない。
生まれてはじめて自分の思い通りにならないことを悟ったアーヤは、
魔法の秘密を知る使い魔の黒猫・トーマスの力を借り、 反撃を始める・・・・・・!
私のどこが、 ダメですか?

キャスト
ベラ・ヤーガ:寺島しのぶ
マンドレーク:豊川悦司
トーマス:濱田 岳
アーヤ:平澤宏々路
アーヤの母:シェリナ・ムナフ

スタッフ
企画 宮崎 駿
原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アーヤと魔女」(田中薫子 訳 佐竹美保 絵 徳間書店 刊)
脚本 丹羽圭子 郡司絵美
キャラクター・舞台設定原案 佐竹美保
音楽 武部聡志
主題歌 「Don’t disturb me」
エンディングテーマ 「あたしの世界征服」
作詞:宮崎吾朗
作曲:武部聡志
歌唱:シェリナ・ムナフ
ギター:亀本寛貴(GLIM SPANKY)
ベース:高野清宗(Mrs. GREEN APPLE)
ドラム:シシド・カフカ
キーボード:武部聡志
(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
キャラクターデザイン 近藤勝也
CG演出 中村幸憲
アニメーション演出 タン セリ
背景 武内裕季
音響演出・整音 笠松広司
アフレコ演出 木村絵理子
アニメーション制作 スタジオジブリ
星野康二 中島清文
制作統括 吉國勲 土橋圭介
プロデューサー 鈴木敏夫
監督 宮崎吾朗

関連サイト
Blu-ray&DVD特設サイト: https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item121/
公式HP: https://www.aya-and-the-witch.jp/

(C) 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

 

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donanetwork. All rights reserved.