「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった 福岡展がいよいよ2022年7月10日閉幕!“スタジオジブリ”の誕生に迫る!

「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった 
福岡展がいよいよ2022年7月10日閉幕!“スタジオジブリ”の誕生に迫る!

FBS福岡放送、西日本新聞社、西日本新聞イベントサービスは、
福岡アジア美術館で開催中の「アニメージュとジブリ展」が
2022年7月10日で閉幕します。

(C)1984 Studio Ghibli・H

雑誌「アニメージュ」(徳間書店)の1978年創刊当時から80年代に
焦点を当てた本展覧会は、まだアニメという言葉さえ広がっていない時代から、
1979年に登場した「機動戦士ガンダム」の大ヒットによりアニメが
大きく飛躍するブーム期。そして、鈴木敏夫が後のジブリにつながる
高畑勲・宮崎駿両監督を見出し、「風の谷のナウシカ」
「天空の城ラピュタ」の映画製作に傾倒するまでの道のりを紹介します。

会場のグッズコーナーでは、「風の谷のナウシカ」デザインの
タペストリーや青色のテトのぬいぐるみなど約150点の
本展オリジナルグッズや福岡会場でしか買えない
「サヌイ織物(博多織)×ジブリ作品」コラボグッズのコースターとブックカバーも登場。
超レアなオリジナルグッズを多数ご用意しております。

■展覧会概要
展覧会タイトル
「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった
会期  :2022年4月8日(金)~7月10日(日)計:81日間
     ※水曜は休館日

時間  :午前9時30分~午後6時 (金曜・土曜日は午後8時まで)
     ※最終入場は30分前まで

開催会場:福岡アジア美術館7階:企画ギャラリーA・B・C
     (福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階)

主催  :FBS福岡放送、西日本新聞社、西日本新聞イベントサービス
企画制作:ニュートラルコーポレーション
企画協力:スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館
協力  :徳間書店、マクセル、特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構、
     今野梱包、福岡アジア美術館
後援  :福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、
     公益財団法人福岡市文化芸術振興財団、西日本鉄道、九州旅客鉄道、
     KKT熊本県民テレビ、NIB長崎国際テレビ、KYT鹿児島読売テレビ、
     KRY山口放送

■チケット発売情報
【入場料金】
一般 :(土日祝)1,500円 (平日)1,300円
中高生:(土日祝)1,000円 (平日)800円
小学生:(土日祝)800円  (平日)600円

※価格は税込みです。

※「中高生」料金で入場の際、学生証や生徒手帳等のご提示が必要となります。

※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者本人と
その介護者1名、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、
先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、
小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者ご本人のみ、
および未就学児は観覧無料。

各主要プレイガイド
ローソンチケット[ Lコード:84362 ]
チケットぴあ  [ Pコード:685-925 ]
e+(イープラス) [ eplus.jp
セブンチケット [ 7ticket.jp
ARTNEチケットオンライン[ https://artne.jp/tickets

チケットに関するお問い合わせ
アニメージュとジブリ展 福岡展実行委員会(西日本新聞イベントサービス内)
TEL:092-711-5491(平日9:30~17:30迄)

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donanetwork. All rights reserved.