100万円ゲットなるか!? 森久保祥太郎&蒼井翔太がスクラッチ2万円分で運試し! ついに“森黒祥太郎”が出現!?“黒井翔太”と心の闇を暴露 声優と夜あそび 水【森久保祥太郎×蒼井翔太】ABEMA#12

100万円ゲットなるか!?
森久保祥太郎&蒼井翔太がスクラッチ2万円分で運試し!
ついに“森黒祥太郎”が出現!?“黒井翔太”と心の闇を暴露
声優と夜あそび 水【森久保祥太郎×蒼井翔太】ABEMA#12

「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、
2022年7月6日(水)の夜10時から夜11時30分にわたり、
『声優と夜あそび 水【森久保祥太郎×蒼井翔太】#12』を放送。

本放送では、100万円を目指しスクラッチ2万円分で
運試しをした「しょーたんの強運にあやかれ!
スクラッチを削りまくりましょー!」を実施したほか、
蒼井さんの心に溜まった闇を吐き出す
「心ノ闇ヲ解放セヨ!黒井翔太」では、森久保さんも
“森黒祥太郎”に豹変し、世の中へのクレームをぶつけました。

■お人好しすぎる先輩・森久保祥太郎の
不憫エピソードに蒼井翔太「つらっ」

本放送では、「しょーたんの強運にあやかれ!
スクラッチを削りまくりましょー!」と題した企画を実施。
先週(#11)、14種類のキムチの中からスタッフが好きな
キムチを当てると豪華韓国料理ロケをゲットという企画で、
見事2人連続で1発正解を出した蒼井さん。

そんな0.5%の偉業を成し遂げた蒼井さんの強運にあやかり、
蒼井さんに実際に買ってきてもらった番組予算2万円分、
100枚のスクラッチをひたすら削っていきました。

1等は100万円という夢のある企画に期待を寄せつつ、
早速スタートすると、なんと蒼井さんが1枚目から
200円を引き当て、森久保さんは
「まじか!出来すぎだって!」とびっくり。

そうして、幸先のいいスタートを迎えた2人でしたが、
その後蒼井さんから、先週の無双状態は運の強さではなく、
相手の性格を分析して当てる“共感能力”の高さであったことが
語られ、森久保さんは思わず「大丈夫か?この企画は」と
不安な表情を見せます。

スタジオに不穏の空気が流れるなか、
やっぱり空気を変えたのは蒼井さんで、
この日一番の金額となった1000円が当選。
これまで一向に当たりのない森久保さんは
「やっぱ持ってるよ」と羨ましそうに呟きます。

その後もトークを繰り広げながら、スクラッチを
削り続けた2人。結果、2万円分で5千円当選という
微妙な数字に。蒼井さんは「“強運”じゃないんです!
“共感能力”なんです!」と改めて弁明していました。

また、蒼井さんが “黒井翔太”に変身し、
心に溜まった闇を吐き出す恒例コーナー
「心ノ闇ヲ解放セヨ!黒井翔太」も実施。

蒼井さんは「売り場のお姉さんに“
イルカのスクラッチ2万円分ください”って
言ったら引かれたじゃねーかよ!」
「結局5千円しか当てられなかった。怪我させてるんじゃねーよ!
このイカれポンチ」と、つい先程のコーナーについての
クレームをぶつけ、スタジオは笑いに包まれます。

さらにこの日は、ついに“森黒祥太郎”が初登場。
豹変した森久保さんの茶番にスタジオは大爆笑。
その後、森久保さんならぬ“森黒祥太郎”は、
「まさに、この体、森久保祥太郎にムカつくことがある!
こいつのお人好し具合に飽き飽きしているんだ」と話し、
可愛がっている後輩との食事で、後輩からお店選びにケチを
つけられるも怒れなかったことを告白。「森久保はキレろよ!
“良いじゃん場所なんて。
お前らと飯食うのが大事なんだよ”ってなんだそりゃ!」
「後輩に舐められてんじゃねーよ!まるで奢る店を安くして
ケチってるみたいじゃねーかよ」と自虐し、自分にクレームを
ぶつける森久保さんに、蒼井さんは「優しいなぁ」
「聞いていて、つらって思いました」と話し、
お人よしすぎて不憫な森久保さんを労りました。

「アニメLIVEチャンネル」/『声優と夜あそび 水
【森久保祥太郎×蒼井翔太】#12』
2022年7月6日(水)放送:https://abema.tv/video/episode/218-434_s14_p12
出演者(敬称略):森久保祥太郎、蒼井翔太
※放送後、最新回を無料でお楽しみいただけます。

▼「ABEMAプレミアム」限定!アフタートークなど、
限定映像が見られる『声優と夜あそび プレミアム
【森久保祥太郎×蒼井翔太】#12』も配信!
URL:https://abema.tv/video/episode/218-434_s20_p79

※「ABEMAプレミアム」は月額960円で、「ABEMA」を
より一層お楽しみいただけるプランです。

(C)AbemaTV,Inc.

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donanetwork. All rights reserved.