関智一&仲村宗悟が“恋バナ”で大盛り上がり! 仲村宗悟の自分を変えた初恋とは? 「人生は、自分が主人公だと思って生きている」 関智一の人生観に仲村宗悟大感動! 声優と夜あそび 金【関智一×仲村宗悟】ABEMA#12

関智一&仲村宗悟が“恋バナ”で大盛り上がり!
仲村宗悟の自分を変えた初恋とは?
「人生は、自分が主人公だと思って生きている」
関智一の人生観に仲村宗悟大感動!
声優と夜あそび 金【関智一×仲村宗悟】ABEMA#12

「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、
2022年7月8日(金)の夜10時から夜11時30分にわたり、
『声優と夜あそび 金【関智一×仲村宗悟】#12』を放送。

本放送では、さまざまな恋愛企画を実施する
『俺たちの胸キュン恋バナスペシャル』を開催。

恋愛に関するトークテーマをもとに“恋バナ”をする
「関仲村のLOVE?LOVE?トーク」や、恋愛初心者・AD江波戸君の
レンタル彼女とのデートを見守った「AD江波戸の初めてのデート」、
恋愛ソング縛りでカラオケ採点100点を目指した
「ミリオンカラオケ!恋愛ソング縛り」などの
コーナーを楽しみました。

■『俺たちの胸キュン恋バナスペシャル』開催!
ADの初々しい初デートに大興奮!

『俺たちの胸キュン恋バナスペシャル』を開催した本放送。
まずは、恋愛に関するテーマをもとにトークをする
「関仲村のLOVE?LOVE?トーク」が実施され、
関さんと仲村さんが“恋バナ”を繰り広げました。

初恋の話題では、仲村さんがナヨナヨしていた
自分を変えてくれたという初恋エピソードを披露。
小学生4年生で、活発で誰にでも笑顔で接してくれる
女の子を好きになるも、当時は運動もできず、
泣き虫でナヨナヨしており、
想いを伝えずに卒業を迎えたという仲村さん。

しかし、勇気を振り絞ってお願いした卒業アルバムの
寄せ書きに書かれた「宗悟はナヨナヨしすぎているから
中学生になったら頑張れ」という
言葉に、仲村さんは勇気をもらったと言い、
ナヨナヨから卒業し中学デビューを決意したことを告白。

「あの初恋の人の一言がなければ中学デビューできてなかったです」と
自分を変えてくれた初恋相手に感謝をする仲村さんに、
関さんは「いい恋愛じゃないですか」と頷きました。

ほかにも「恋愛は追われたい派?追いたい派?」
「男女の友情は成立する?」などが話題に。
「恋愛は追いたい派?追われたい派?」では、
2人とも追いたい派と回答。

その後、関さんがその理由について「自分の人生は、
自分が主人公だと思って楽しんで生きようと思っているんですよ」
「苦境に立たされているのが楽しくてしょうがないんです。
ピンチのときこそ頑張りどきだし、主人公がやりそうなことを
選んでいこうと思うから、
追っかけていたりする方がドラマとして楽しい」と
話すと、仲村さんは「関さんは自分で自己肯定感を高めるのが
得意なタイプかもしれないですね」
「生きていく上でのヒントかもしれない!」と
人生を楽しむ関さんの人生観に感銘を受けていました。

その後も番組内では、恋愛初心者のAD江波戸君の、
レンタル彼女とのデートを見守る「AD江波戸の初めてのデート」や、
賞金100万円をかけてカラオケ採点100点を
目指す恒例コーナー「ミリオンカラオケ!」の
特別版「ミリオンカラオケ!恋愛ソング縛り」など、
恋愛企画を続々と実施。

「AD江波戸の初めてのデート」では、道に迷ってしまったり、
一緒にプリクラをとったり、お化け屋敷で自然と
ボディタッチをしたりと、徐々に距離が縮まっていく
初々しいデートに、仲村さんは
「ABEMAで人気の恋愛リアリティーショーじゃん!」
「うわうわ近い近い!」と大興奮。
関さんも「自然に手繋いじゃった。いいねぇ」
「お似合いじゃん!」と親のような目で優しく見守ります。

また、「ミリオンカラオケ!恋愛ソング縛り」では、
『バンザイ ~好きでよかった~』『愛は勝つ』などの
恋愛ソングを視聴者へ届け、胸キュン満載の90分を繰り広げました。

「アニメLIVEチャンネル」/『声優と夜あそび 金【関智一×仲村宗悟】#12』
2022年7月8日(金)放送:https://abema.tv/video/episode/218-434_s16_p12
出演者(敬称略):関智一、仲村宗悟
※放送後1週間、最新回を無料でお楽しみいただけます。

▼「ABEMAプレミアム」限定!アフタートークなど、
限定映像が見られる『声優と夜あそび プレミアム
【関智一×仲村宗悟】#12』も配信!
URL:https://abema.tv/video/episode/218-434_s20_p81

(C)AbemaTV,Inc.

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donanetwork. All rights reserved.