映画『コンビニエンス・ストーリー』完成披露舞台挨拶を開催! 成田凌、前田敦子、六角精児の 三角関係のキャスティングは奇跡的な組み合わせ!? 成田凌、憧れの三木作品に出演できて感無量!

映画『コンビニエンス・ストーリー』完成披露舞台挨拶を開催!
成田凌、前田敦子、六角精児の
三角関係のキャスティングは奇跡的な組み合わせ!?
成田凌、憧れの三木作品に出演できて感無量!

映画『コンビニエンス・ストーリー』(8月5日公開)の
完成披露舞台挨拶を7月19日(火)18:30 よりテアトル
新宿にて開催、成田凌・前田敦子・六角精児・三木聡監督が登壇。

・映画『コンビニエンス・ストーリー』完成披露舞台挨拶
(オフィシャルレポート)

(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会

 

ステージに登壇した成田は、待望の三木組に参加し
「自分はお客さん目線というか、異世界に迷いこんで、
いろんなことを受けていく側なので、それはたただただ
楽しい日々を過ごしていました。面白かったですね」と充実した表情。

前田も「わたしは異世界の店員さんなので、
深く考えるというよりは、監督の世界観にどうついていくか。
正直にまっすぐいたという感じですね。でもわたしは
六角さんの奥さん役なので、それだけですごく楽しかったです」と
笑顔で続けると、六角が「二人とはだいぶ歳が離れているんですけど、
そこで孤立することなく。かといって気を使っていただくという
感じでもない、さりげない会話をちゃんと繰り広げてくれて。

しゃべってもいいし、しゃべらなくてもいいという、
リラックスした空間の中でやっていました」と明かした。

一方の三木監督は三人について「現場で撮って観ている時と、
仕上がっていく時で全然違うんで面白かったですね」といい、
「成田さんが映画に向き合う姿勢が良くて。
この映画を観て迷ったら、成田さんが演じる
加藤についていけばいいと。

それくらい自己顕示欲やいろんな欲から
僧侶のように脱して。そうやって
映画に向き合う姿勢が良かった」とコメント。

さらに六角については「こんな感じのいい人っぽいけど、
かなりの狂気をはらんでて」と語り、前田については
「日本の女優としても規格外なんだと思います。

誰もついてこれないんじゃないかなと思ったというのが
仕上がった印象。本当に世界レベル、世界のマエアツって、
面白いことを言う人みたいですが」とジョークを交えて称賛しつつも、
「この映画の成田さんと前田さん、六角さんという組み合わせって
かなり奇跡的だと思う」と本作のキャスティングに自信を見せた。

さらに自身が演じた役について「共感する部分は?」という質問に、
「共感、共感ですか……。うーん、難しいな……」と
考え込む前田に向かって六角が、
「俺の奥さんだというのが共感できないとか」と
さみしそうにコメントすると会場は大爆笑。

「そんなことないですよ」と笑ってみせた前田だったが、
成田が「家の中に、お二人のツーショットの写真があるんですけど、
その写真はぜひ観てほしい。自分も待ち受け画面にしていたくらい好きな写真。
夫婦として最高のバランスのふたりですよね」と
語るなど、成田にとっては夫婦役となった二人がお気に入りの様子だった。

そんな惠子の役柄について質問された前田は
「何を考えているのか、いまいちわたしも分からなかかった部分もあって」と
ぶちまけると、三木監督も「前田さんってそういう演じ方なんですよ。
ホン(脚本)の意味とか共感という部分を飛ばしているんだけど、
一番本質の部分にスパーッとたどり着くんですよね。

さすがセンター、秋元(康)さんもすごいなと。
こういうことなのかと思いましたよ。でも普段話している時は
とんでもないことを言っていたりするんですよね。
それを成田さんがフォローしたりしていた」と
前田の女優としての不思議な魅力について語るひと幕もあった。

本作は日本映画に造詣が深い映画評論家マーク・シリングが企画として
クレジットされているが、その経緯について「ある日、マークさんから
『これって映画になりませんかね』というメールが送られてきて。
それがコンビニの舞台が異世界になるという話。

外国の人から見ると、日本のコンビニって
異様なところに感じるらしくて。
なんでもそろっている感じとか、夜中にボーッと
光っている感じが違和感らしい。
そこをもとに自分なりの話にしちゃったんです」と明かした三木監督。

そんな大盛り上がりの舞台あいさつもいよいよ終盤。
最後に成田が「個人的にいうと、ずっとあこがれていた
三木聡さんとここに立てるのがうれしくて。
自分が三木さんの作品に出ていることが不思議でしょうがないですが。
でも自分が好きな監督と一緒にここに立てて本当にうれしいです。
内容としてはコンビニってそうだよな。人ってそうだよな。
そしてまず映画ってそれでいいんだよなと感じられる物語です。

やはり自分の中で、三木さんの言葉ひとつひとつ、
1文字1文字最高だと思っているので。せっかく映画館に来たので、
この異世界を楽しんでいただければ」とメッセージを送ると、
三木監督も「テアトル新宿でこの映画を観るのがいいですよね」とコメント。
その言葉に成田たちも「いいですよね」と深くうなずいていた。

作品概要】映画 2022年8月5日公開
タイトル:コンビニエンス・ストーリー
出演:成田凌、前田敦子、六角精児、片山友希、岩松了、
渋川清彦、ふせえり、松浦祐也、BIGZAM、藤間爽子、
小田ゆりえ、影山徹、シャラ ラジマ

監督・脚本:三木聡
企画:マーク・シリング
コピーライト:(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会

公式HP:https://conveniencestory-movie.jp/
公式Twitter:@cv_story_movie

ストーリー
絶賛スランプ中の若手脚本家・加藤(成田凌)。映画の企画を
持ち込んでもまったく手ごたえがなく、悶々と悩む日々を過ごしている。

恋人の愛犬・ケルベロスのペットフード「犬人間」を買いに出かけたはずが、
ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかる
コンビニエンス・ストア「リソーマート」に
迷い込む…。妖しげな人妻・惠子(前田敦子)と出会い、
創作意欲が湧き始めるのだが・・・。コンビニ発、
ちょっと異世界アドベンチャーへようこそ!

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donanetwork. All rights reserved.