奇才・三木聡監督、海外映画祭から続々注目!! 映画『コンビニエンス・ストーリー』 北米最大のジャンル映画祭、アジアを 代表する国際映画祭への出品決定!! 主演の成田凌と三木監督からコメント到着

奇才・三木聡監督、海外映画祭から続々注目!!
映画『コンビニエンス・ストーリー』
北米最大のジャンル映画祭、アジアを
代表する国際映画祭への出品決定!!
主演の成田凌と三木監督からコメント到着

成田凌、前田敦子、六角精児出演、三木聡監督の
最新作『コンビニエンス・ストーリー』(8月5日公開)が
ファンタジア国際映画祭(カナダ・モントリオール)にて
ワールドプレミア上映が決定、さらに香港国際映画祭にも
出品が決まりました。
奇才・三木聡監督が世界から注目を浴びております!

『コンビニエンス・ストーリー』が、2022年7月14日から
8月3日まで開催されるファンタジア
国際映画祭(カナダ・モントリオール)の
メインコンペティション部門「シュバル・ノワール」に出品が決定し、
ワールドプレミア上映。

本作の上映日となる8月1日には、
三木聡監督と企画・オリジナルストーリーのマーク・シリングが
現地での舞台挨拶への登壇を予定しております。

同映画祭には日本から『マイ・ブロークン・マリコ』(タナダユキ監督)、
『さかなの子』(沖田修一監督)、『ポプラン』(上田慎一郎監督)が
コンペティション部門に出品されます。

また、8月1日から8月31日まで
開催される香港国際映画祭のMidnight Heat部門への
出品も決定し、映画祭出品決定を受けて、
主演の成田凌と三木聡監督から喜びのコメントが到着

▼成田凌コメント
私たち日本人の当たり前の世界、コンビニ。どんなに
真っ暗闇の中でも永遠に光が灯る場所、その異様なさま、
異様な人間たち、そんな私たちの当たり前、
そして違和感が、異国の皆様にどう目に届き心に届くのでしょうか。
想像もできない世界へ、行ってらっしゃい、
コンビニエンス・ストーリー。

▼三木聡監督コメント
遠い空の下、この映画が上映されると言うが。
不可解な物語は外国語の字幕になり、映し出された
風景はまた別の意味をもつのかもしれません。
スクリーンの上で探されるであろう幾つもの
答えは不条理と条理の中を彷徨い、その先にあるのは快感か
それとも混乱か?異国のお客様、どうかお願いです、
探さないで下さい、そこにはもう何も無いのですから。

作品概要】映画 2022年8月5日(金)テアトル新宿他全国公開
タイトル:コンビニエンス・ストーリー
出演:成田凌、前田敦子、六角精児、片山友希、岩松了、
渋川清彦、ふせえり、松浦祐也、BIGZAM、藤間爽子、
小田ゆりえ、影山徹、シャラ ラジマ


監督・脚本:三木聡
企画:マーク・シリング
コピーライト:(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会

公式HP:https://conveniencestory-movie.jp/
公式Twitter:@cv_story_movie

ストーリー
絶賛スランプ中の若手脚本家・加藤(成田凌)。映画の企画を
持ち込んでもまったく手ごたえがなく、悶々と悩む日々を過ごしている。

恋人の愛犬・ケルベロスのペットフード「犬人間」を買いに出かけたはずが、
ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかる
コンビニエンス・ストア「リソーマート」に
迷い込む…。妖しげな人妻・惠子(前田敦子)と出会い、
創作意欲が湧き始めるのだが・・・。コンビニ発、
ちょっと異世界アドベンチャーへようこそ!

※掲載の記事、映像 画像データの無断転用・無断転載を禁止いたします。
※記載された会社名、製品などは、各社の登録商標もしくは商標です。
※ドーナネットワークはドーナネットワークの登録商標です。
Copyright(C)Donanetwork. All rights reserved.